校長室
                                      
                                                                      高瀬 清之

 本校の教育目標 
 豊かな心と高い知性をもち、心身ともに健康でたくましく、
力強く未来を切り拓いていく実践力のある児童の育成を図る。
〈 校訓 〉 〈 めざす児童像 〉
明るく ・・・・・  明るく思いやりがあり、助け合う子
  ・進んで心のこもったあいさつができる子
  ・他人を思いやり、誰とでも仲良くできる子
強く ・・・・・  心も体も健康で、たくましく生きる子
  ・命を大切に、生き生きと活動する子
  ・進んで体を鍛え、ねばり強く最後までやりぬく子
より深く ・・・・・  よく考え、進んで学ぶ子
  ・よく見て、よく聞き、よく考え、自分の思いを表現できる子
  ・自ら課題を見つけ、進んで考え、解決しようとする子



 経営方針 
  教師・児童が共に生き(共生)、学び(共学)、育つ(共育)を基本姿勢として、率先垂範、凡事徹底を合い言葉に、全職員の共通理解と協働体制のもと、子どもや保護者、地域の期待に応える活力ある学校づくりをめざす。
 
ア 生命尊重を基盤にした
       安全な学校づくり
・命の大切さや人権を尊重し、自己の存在感を実感できる心の居場所のある学級、学校づくりに努める。
・安全指導(生活安全・交通安全・災害安全)や保健指導など、健康安全教育の充実により、安心・安全な学校づくりに努める。

・温かく安らぎのある美しい教育環境を整え、落ち着きのある学校づくりに努める。

イ 豊かな心、豊かな感性を
         育む学校づくり
・人や社会、そして自然とのふれあいを通して、心に響く体験活動を重視した教育を
推進する。
・異年齢、異校種、地域の方々との交流活動を通して、心の教育の充実に努める。
・歌声があふれる、楽しく夢と感動のある学校をめざす。

ウ 確かな学力を身につける
    ことができる学校づくり
・基礎・基本を確実に定着させ、習得した知識・技能を活用し、探究する力の育成を図る。
・学習に向かう基本姿勢をしっかり身につけさせるとともに、目標に向かって積極的かつ粘り強く取り組む態度を育てる。
・子ども一人一人が課題をもち、解決に向けて共に学び合う学習を通して、思いや願いを実現できる授業づくりに努める。

エ 開かれた学校づくり
・学校、家庭、地域が三位一体となり、お互いの共通理解のもとで子どもたちを育て・鍛え・磨きながら、良いことを進んで実践しようとする態度を育成する。
・学校からの情報発信や学校評価の積極的な活用により、教育活動の改善と教職員の意識及び資質の向上に努める。
・学校や家庭、郷土を愛する心を育て、歴史と伝統のある学校文化や校風を充実、発展させる。



本年度の重点努力目標
 
  ア
  子どもと共に活動することを喜び、共感することを大切にしながら、一人一人に「目をかけ、声をかけ、手間を

    かけ」、しっかり向き合い指導・支援する。


    「あいさつ・返事・時間を守る・はきものそろえ・黙働・静かな歩行」を生活習慣の基本として、当たり前のことを

    当たり前にできるように徹底を図る。

    正しいこと、良いこと、美しいものに素直に感動する心を育て、互いの良さを尊重し認め合い、切磋琢磨する

    態度を育てる。

    「話す・聞く・書く」を学び方の基本として身につけさせ、何事にも集中して積極的に取り組む姿勢を育てる。

    ひと・もの・ことと豊かに関わりあう活動を通して、気付きの質の高まりと思考の深まりをめざし、自らの生活を

    切り拓く力と社会に働きかける力を育てる。

    異学年や幼稚園・保育所との交流活動を通して、優しさや思いやりの心を育てるとともに、一人一人の自己有

    用感を高められるようにする。

    子どもたちが互いに尊重し協調して生活する上で必要なルールやマナー、規範意識、思いやりの心を育むこと

    ができるように道徳教育の充実に努める。

    積極的に運動に親しむ機会を設け、適切な運動経験により健康の保持増進と体力の向上を図るとともに、

    自己の目標に挑戦する意欲を育てる。

    子どもの命を守るために防災・防犯に関わる訓練・学習等を充実させ、学校・家庭・地域が一体となって、

    安心・安全な学校づくりに努める。

    各種たよりやホームページなどによる積極的な情報提供とアンケートや学校評価活動などによる情報収集に

    よって、家庭・地域との結びつきを深め、信頼される学校づくりに努める。